ヘバーデン結節とは、指の第一関節の背側、つまり、手の甲側に出来る骨の変形による膨らみの事を指します。これは、指の第一関節の骨関節炎で、リュウマチではないかと誤解される場合も多くあるんですが、リュウマチとは違う病気です。ヘバーデン結節の主な症状としては、人差し指から小指にかけての第一関節が、強く握るとずきずきといたんだり、赤くはれたり、変形したりします。また、ガングリオンと言って水ぶくれっぽい嚢腫が出来ることもあります。このように、指先に力が入らないようになってしまう為、手を強く握る事も困難となり、動きも悪くなって、日頃の暮らしにも支障をきたすことが多いのです。へバーデン結節の発症する原因は不明と言われていますが、一般的に四十才台の女性が比較的多く発症しているので、加齢や指先への負担がかかる事が原因だと考えられているのです。発症する年を平均すると、だいたい55〜56歳ぐらい、男女の比率は1対10と圧倒的に女性の比率が多い事が特徴でしょう。また、男性であれば、発症の平均年齢が高くなる傾向があります。指の関節に痛みを感じたのであれば、リュウマチかそうでないかを早めに判断した方がいいです。レントゲンでしらべると、ヘバーデン結節か関節リウマチかの区別はすぐにつきます。もし、痛む部分が指の第一関節から他の部分にも拡がっていくようであれば、ヘバーデン結節以外の症状かもしれませんし、必ず専門医の診断を受けるようにして下さいー